オーディション書類

オーディション書類審査、一次に受かるには?|受かる人
当ページは恩田隆俊のオーディション合格メルマガの記録です。新規登録、過去の記事はこちらから
Line

書類審査、一次を突破するには?


こんにちは恩田です。

さて、前回、オーディションの場数を踏み、あなただけのコネクションを作っていけば必ず合格できる

そうお話しましたね。

覚えてます?

ちなみに私が話してるのは基本、最初に話したことの方が重要です。

だから、あなたが私の話を読むたびに忘れてる場合(笑)

その場合、これから話す話を聞いてもらっても、ただのテクニック論になってしまい、決して受からないでしょう。

最初にもいいましたが、重要なのはテクニックじゃない。


本質だということですね。


忘れたなら前のメールを読んでみてください。

じゃないと受かるのは厳しいでしょうから。

あ、後バックナンバーはいずれ見れなくなるので、印刷して保存したい場合なんかもお早めにどうぞ。


さてさて。

それでは今日は第一次審査。

つまり、履歴書の書き方についてお話しましょうか。


人の第一印象は大事。

そんなことは今時、中学生でも知ってるわけですが、その第一印象。

オーディションの場合、それが履歴書に当たります。

一応聞きますが、まさかその履歴書を

「何となく書いている」なんてことはないですよね?(笑)

絶対落ちますよ?

ルックスが良かろうが、スタイルが良かろうが、歌がうまかろうが、関係ない。

ここでミスしたら後はない。

それが書類審査です。


ということで、今日は履歴書についてお話させて頂きます。

「毎回書類は楽勝だし〜♪」

なんて場合以外はしっかり読んでくださいね。

印刷して読むのも良いと思いますよ。

頭に入りやすいので。


Line

一次審査を突破する履歴書


ポイントを書くと4つあります。

・履歴書の種類
・写真撮影
・なぜそのオーディションを受けるのか?
・主催者はなぜそのオーディションを開いているのか?


の4つです。


これら4つを抑えておけば大体書類は通ります。

まぁ難しいのは2次審査以降なので、ここはある程度サクッと受かっていきましょう。


まず履歴書そのものについて。

オーディションの履歴書は基本的には就職やバイト用の履歴書じゃなく、オーディション用の履歴書を使う方がいいです。


普通の履歴書を使うと落ちます。

ということは、勿論ないと思いますけど、応募総数が多い場合は、なんともいえません。

とにかく数があるので、担当者はどれを落とそうか悩みます。


そういう時の最後の判断基準に・・・。

なんて場合もゼロじゃない。

結局、人の主観ですから。


だから基本的にはオーディション専用の履歴書を使う。

雑誌ならデビューやオーディションなどの後ろに挟んであるB4程度の写真の項目がやたらでかいやつです。

3サイズや好きなスポーツや芸能人などの欄があるオーディション専用ですね。

これが一番無難。


あ、後、前回話したどこかの事務所に所属する場合。

したい場合。

そういう場合は事務所のホームページに専用の履歴書があるので、それを使った方が確実です。

まぁ、いずれにしても

履歴書はオーディション用のものを使うということですね。

これが1つ目のポイント。

履歴書の種類です。


Line

写真撮影


で、履歴書を手に入れたら、姓名、住所、連絡先、生年月日などなどの基本的事項を書くと思います。

その後、悩むのが

「え、どんな写真を載せたらいいんだろう?」って所だと思います。

特に初めての場合。

十中八九悩みます(笑)


ここは誰でも悩む箇所です。

今でこそ有名な女優、歌手、タレントだったとしても、きっと今のあなたと同じように最初は悩んだと思いますよ。

写真撮影は。

まぁそういった意味ではあなたも彼女達と同じ道を歩みだしている。

そう考えることもできますよね。


で、そんな写真撮影ですが実際にどんな写真を撮って、掲載したらいいのか?

ってことなんですけど、それについて、まず、大前提として覚えておいて欲しいのが、

審査員、主催者は別にあなたの写真が見たいわけじゃなく、あなたそのものが見たいということ。


これを覚えておいてください。

今のあなたがどのような人物か?
顔は?
姿勢は?
今後どう変われそうなのか?
あって判断する価値はあるのか?


そんな点を写真でわかる範囲で判断しようとしています。

わかりますよね。


当然のことですが

ここで

「あぁ会うまでもないかな」
「直接見るまでもないな」


と思われれば終わりです。

以降は全部ありません。

それぐらい重要な判断材料になるものが写真です。


じゃぁ、そんな重要な写真に。

プリクラだったり、
友達と一緒に写ってたり、
ピースをしていたり、
逆光だったり、
小さかったり



そんな状態の写真を撮って臨んで受かると思いますか?

受かるはずないと思いません?

大事なんでもう1度言いますが、

履歴書の写真はあなたの素材そのものが見やすい形で写っている写真じゃないとダメなんですね。

絶対に。

だから、しっかりとあなた自身が確認しやすい写真を撮影してから送ってください。


「じゃぁどんな写真を取ればいいの?」

ってことなんですけど、

簡単に言えば素のあなたが全面に出ている写真です


と、言っても、そんな素の状態。

つまり、自然な状態の写真をとるにしても、結局、それは撮影者の力も大きく関係してくるものなので、

「オーディション用で2,3枚とろっかなー」

なんて感覚じゃぁまずムリ(笑)

だから最低でも10枚以上。

理想はフィルム全部使い切るぐらいを、天気の良い日にどこか外とかに行って撮影するのがいいです。


そうやってフィルム全部分ぐらい取れば最低でも1、2枚は

「これは自信持って出せる!」

と思える自然なやつを撮ることができるでしょう。

そしてそれを出す。


だから、撮影の日も含めると結構時間が掛かるはずです。

でも、それだけの時間をかけるべき箇所。

それが写真撮影です。


まとめとくと写真撮影は素の自分が写るような写真をしっかり考えて撮影することということですね。

これも重要なので覚えておいてください。


Line

なぜそのオーディションを受けるのか?


「あなたはなぜうちのオーディションを受けようと思ったのですか?」

これって二次審査以降でも絶対に聞かれる質問です。

履歴書では志望動機なんて欄がそれに当てはまるわけですが、この質問にまさか

「将来の夢は歌手だからです」

なんていうありきたりな答えを書いてませんよね?(笑)

こんな回答を見るたびに審査員は

「はぁまたか・・・。」

と思うわけです。


いいですか。

重要なのでしっかりと覚えてください。

あなたはオーディションに受かりたいわけでしょう?

オーディションって10人とか20人でやりますか?

やらないでしょ?

書類入れれば最低でも百人レベルなわけですよ。


勿論、時には数千、数万人レベルのこともある。

それに勝たないとダメなんですよ?

あなたは。

にも拘らず他の人と全く同じことを書いててどうするんですか?


あなたが他の人の100倍かわいかったらいいですよ?

100倍スタイルがよく、100倍歌がうまい。

それならいいです。


多分、それだけでオーディションなんて軽く通りますから。

10年に1度の逸材だ!

なんていわれてね(笑)

でも、違うでしょ?

他の人よりも多少かわいい。
多少歌がうまい。
多少スタイルがいい。

よくっても、せいぜいその程度じゃないですか?


元々オーディションはレベルの高い子が集まる場所なんですね。

そんなレベルの高い集まりの中であなたが勝ち残っていくには。

最低限個性。

心に残るような何かを履歴書の段階でアピールしておかなければならない。

例えば夢が歌手だったとしても、

どんな歌手のどんな所に憧れ、そのオーディションに受かったら1年後にはどうなって、3年後にはこうなっていたいという思いを明確に持つ。

具体的に持つ。

そして、それを履歴書でアピールする。


そうすれば同じ「夢が歌手」という内容だったとしても、

「あっコイツはしっかりと先のことを考えている」

ってなるわけですよ。

わかりますよね。


これが3つ目。

なぜそのオーディションを受けたいのか?ということをしっかり考えて、それを具体的に履歴書に書く

ということです。

履歴書なんか何時間かけてもいいんだから、考えて考えて考えて、自分の想いをそこにぶつけてください。

その熱い想いが審査員の心を動かしますから。


Line

主催者はなぜそのオーディションを開いているのか?


そして最後の4つ目。

主催者がオーディションをやっている理由。

これなんですけど、大体オーディションって何か目的があって行われますよね?

新人タレント発掘、歌手発掘、モデル募集。


いろんな目的に沿ってオーディションは行われます。

で、その時に重要なのはそのオーディションにあわせたアピールをするという点です。


時々いるんですね。

どんなオーディションの履歴書にも書く内容が殆ど同じ人が。

これって落ちる典型ですよ?


例えば誰かがあなたにラブレターで告白してきたとして、その後、友達のA子とB子とC子にも同じラブレターをコピーして送ってるって知ったら、

むかつくでしょ?
腹立つでしょ?

それと一緒ですよ。


勿論、オーディションなんで1つだけ受けろとは言いません。

前回も言いましたが、落ちても落ちてもチャレンジする。

何度も何度も受ける。

この気持ちは大切ですから。


ただ、どこのオーディションにも同じ写真を送る。

また履歴書をそのままコピーして送るなんてことは止めたほうが良いです。


普通にばれますから(笑)

審査員には。

なぜなら審査員は何千、何万っていう選考書類を見てるんですね。

言ってみればプロですよ?


プロなんだから、

「コイツ同じようなこと他のオーディションにも出してそうだなー」

なんてことはすぐに感じるわけ。

ヒヨコを握っただけでオスメス見分ける人みたいなもんですよ(笑)


即バレる。

これ本当です。

私も事務所の社長が言ってたのを聞いたことがあります。

「うちにも数うちゃあたるで、コピーして送ってる人がいるんだよねー、絶対、落とすけど」

なんてことを。

だから、そのオーディション独自のポイントを探してそれについて書くこと。


これが重要です。

例えばオーディション募集概要に、

「新人発掘が目的です」

みたいな感じで書かれていたら、

「概要に書かれたいてた通り、新人として〜」

というようなことを履歴書内に書いたりとか、

「●●オーディションは私にとってピンとくるものがありました、なぜなら・・・」

的なことを書いてみたりとか。


そうやって

「私が "この" オーディションに合う人物です!なぜなら・・・」という理由を含めて自分をアピールする。


そうすれば、審査員もあなたがいろんなオーディションの中のひとつとして、今回のオーディションを受けようとしているのではなく。

真剣に今回のオーディションにかけているということを感じるじゃないですか。


結局、オーディションを審査するのは審査員なんですね。


だから、その審査員の気持ちを考える。

これは当たり前のことです。

そのためにその時の主催者は何を求めているのか。

それを予め調べておくということですね。

調べられる範囲でです。

これが4つ目のポイント。


主催者の目的を知り、それにあわせた内容を書くという点です。


Line

まとめ


書類審査のポイントは以上4点。

一応まとめとけば、

・履歴書はオーディション用のものを使う
・写真撮影は素の自分が写るような写真をしっかり考えて撮影すること
・なぜそのオーディションを受けたいのか?ということをしっかり考えて、
 それを具体的に履歴書に書く
・主催者の目的を知り、それにあわせた内容を書く


この4つです。


いずれも履歴書を書く際、外せない重要ポイントです。

さっきも言いましたが、履歴書で落ちると、それで終わり。

あなたがどんなかわいくても、スタイルがよくても、歌がうまくても、その姿を審査員にさらすことはできないわけです(笑)

だから、逆に最も時間をかけてもいい部分かもしれません。

履歴書って。


ちなみに、前もいいましたが、養成所のレッスン生募集のオーディションならあまり深く考えなくても通ります。

誰でも受かりますから(笑)

でも、そんな時でも、こうやって真剣に考えた履歴書と、適当に書いた履歴書。


2枚あったらどっちの方を一目置くか。

入ってきたら伸ばしてやろうと事務所の人が思うのか。

そう考えれば、わかりますよね。


これが以前話したコネです。

最も初歩的な。

基本的なコネです。

気になったら前の内容を読み直して下さいね。

そういう些細な努力を惜しまない人だけがデビューできる世界ですから。


それでは今日はこの辺で。

ありがとうございました。

恩田

--------------------------
発行者:恩田隆俊
著作権について:著作権は作者に帰属します。
このメルマガを無断でどこかに掲載したりすることを禁じます。
--------------------------
もしお友達で業界に興味がある人がいれば、当メルマガを紹介してあげてください。きっとプラスになると思います。このページを友達にメールで紹介する


追伸1

あ、ついでなんで話しときますけど、たまに聞かれるんですね。

「オーディションのたび写真撮影をするとお金がかかるので写真だけはコピーでいいですか?」

って。


アホか(笑)
いいわけないだろ(笑)

なんて感じですが、

まぁそれは所詮、その程度の気持ちだってことですよ。


前も言ったかもですが、お金がないならバイトしたり、親に頼むしかない。

それは嫌だって言いながら、でもオーディションには受かりたい。

って、そりゃただのワガママです(笑)

ムリ。

不可能です。


だから、本気で合格したいなら、1回1回のオーディションを真剣に。

履歴書も、写真撮影も取り組んでください。

そのオーディションのイメージにあわせたものをです。

コピーなんか絶対ダメ。


審査員はそういうあなたの真剣さもちゃんと見ていますから。


コピーを送ってきた時点で

「あー、コイツ大して受かりたいわけじゃないんだな。」

って思い、普通に落とします。

というかちゃんとみないでしょうね、そんなもの。

さっきもいいましたが、何千、何万と見てきたプロなんですから。


だから真剣じゃないなら時間の無駄なので、むしろ今やめてしまって、他の何かをすればいい。

逆に真剣なら、本当に気合を入れて一生懸命やってみる。

これはものすごく基本的なことですよ。

主催者にとってもあなたにとっても遊びじゃないんだから。

 

以下は過去配信したメルマガです。見る時期によっては若干古い内容もあると思いますが、参考になる部分はあると思うので公開しておきます。


恩田隆俊のメルマガ無料登録はこちらから

※ 登録の前に「メール拒否設定」をしている方はこちらをコピーして受信設定をお願いします。
コピー用

空メール登録はこちら(スマホ、携帯、パソコンで見れます)


メルマガの登録は以下からどうぞ。勿論、無料です。 途中から有料になることはございません。
↓ ↓ 空メールを送ってください ↓ ↓



↑ ↑ 空メールを送ってください ↑ ↑

※10分以内に自動返信メールが届きます。
※空メール登録ができない方は以下のフォームより登録なさってください。

QRコードを利用した空メール登録はこちら

↓ ↓ 読み取り後、空メールを送ってください ↓ ↓



↑ ↑ 読み取り後、空メールを送ってください ↑ ↑

※10分以内に自動返信メールが届きます。
※iPhoneなどでうまく空メールが送れない場合は、本文にスペースなど文字を入れて送信ください。
※空メール登録ができない方は以下のフォームより登録なさってください。

空メールが利用できない方はこちらから


上記、空メール登録ができない方は以下のフォームにメールアドレスを入力して頂いて「無料登録する」のボタンを押してください。
メールアドレス:

※10分以内に自動返信メールが届かない場合は、入力アドレスに間違いがあった可能性が高いので、再度入力ください。

よくある質問

Q、メルマガは本当に無料なんですか?

A、無料です。途中から有料ですなんてことも一切言いません。
Q、登録したのに届かないんですけど

A、まずは迷惑フォルダをご確認ください。それでも届かない場合はこちらに記しました通りメール拒否設定をされているか、登録されたアドレスに誤りがあるかのどちらかです。その場合は再度ご登録ください。登録はこちらから
Q、アドレスを変更したい、読むのをやめたい

A、メルマガの最下部にある解除フォーム、変更フォームよりご自由に可能です。

--------------------------
発行者:恩田隆俊
著作権について:著作権は作者に帰属します。
このメルマガを無断でどこかに掲載したりすることを禁じます。
--------------------------
もしお友達で業界に興味がある人がいれば、当メルマガを紹介してあげてください。きっとプラスになると思います。このページを友達にメールで紹介する

Line