オーディション二次審査

オーディション二次審査に合格する人|落ちる人
当ページは恩田隆俊のオーディション合格メルマガの記録です。新規登録、過去の記事はこちらから
Line

二次審査合格のポイント


こんにちは恩田です。

このメールは先日、あなたご自身で登録されたオーディション合格に関するメルマガです。

読んだけど、全然、役に立たなかった

なんて場合は、必ずご自身で、最下部にあるメルマガ解除のところからメルマガを解除なさってください。


二度とメールは届きません。

またメールアドレスの変更なども毎回、最下部にあるアドレス変更のリンクからご自身でお願いします。

システムの都合上こちらではできませんので。


さてさて。

前回の私のメルマガのバックナンバーはどうでしたでしょうか?

「まだ読めてないよ」

なんて場合は是非、一度時間を取ってじっくり読んでみてくださいね。


きっとそこら辺に落ちている、なんちゃってオーディション合格テクニックとは違うことが、わかっていただけると思いますので。


さて。

質問が来ました。

--------------------------

私は17歳の学生です。

将来ディズニーのダンサーになりたいんですけど、どうやったらなれますか?

田さんのメルマガはディズニーのダンサーになる時にも役に立ちますか?

(※適宜改行しています)

--------------------------

えーっと、ちょっとは自分で調べようね。

子供じゃないんだから。

後、私の名前は田じゃなくって恩田だからね。



なんて返事を返したい気持ちを17歳ということでこらえて、こう返しました(笑)


--------------------------

恩田の返信

こんにちは●●さん、ディズニーのダンサーになりたければ、ヤフーやGoogleなんかの検索エンジンに

ディズニーダンサー募集

なんて言葉を入れて検索してみてくださいね。

そうすると、きっとディズニーのページが出てきて、現在のダンサー募集要項、年齢、実技、筆記等具体的な内容が出てくると思いますので。

後はそれに合わせて履歴書を作ってくださいね。

--------------------------

我ながら優しい(笑)


前、受かる履歴書のポイントの時もいいましたよね。

主催者のイメージに合わせた履歴書を書くって。

これって二次審査以降の実技なんかでも一緒で、そのときのオーディションのイメージ。

例えばディズニーのダンサーでもイメージってのがあると思うんですね。


だから、それを予め調べて知っておく。
そしてその予習をしておく。


これってすごく重要です。


受験の時に傾向と対策をやらずにテスト受けますか?

それで受かりますか?ってこと。


だからそのために今は、ネットっていう便利なものがあるんだから、検索して、そのオーディションの情報を探しておく。

当たり前のことですよ?


あなたも似たような悩みを抱えたことがあれば是非是非、検索して調べてみてください。

結構いろいろな情報が手に入りますので。


あ、後、そのときはパソコンかスマホで調べるようにしてくださいね。

昔のガラケーで検索してもあんまり良い情報は出てこないので。


で、次に私のメルマガがディズニーのダンサーのオーディション時にも役に立つのか立たないのか。

「若いのに核心付いてくるねアンタ」

なんて質問がくっついてましたけど(笑)

結論から言えば。


「普通に役立つと思いますよ」

ということになります。

その意味がわからなければ、是非バックナンバーを読み返してもらえればと思うんですけど、私の話してることってただ単にタレントになるとか、歌手デビューするとか、モデルになるとか。

そんなテクニック論じゃないんですね。


もっと本質的なもの。

例えば、あなたが事務所に所属後、お仕事をいただけるような考え方だったり、人に好かれる方法やコネを作る考え方だったり。

毎回そんなことを伝えています。


そんなこの世界で食べていく、本質なんですね。


だからなくならないし、ずっと変わらないもの。

そういう根っこにあるものです。


大体、テクニックって使えなくなりますよね?

例えば「オーディションに絶対受かる丸秘テクニック!」みたいなのがあったとしても、どうせそういうのは使える期限があるんですよ。

裏口入学みたいなもの。

見つかったら終わり。

そんなものです。

だから実力には全くならない。


もっと言えば逆に困ることにもなりかねない。

裏技でオーディションに受かった後どうするんですか?

ってことです。

困りません?
実力もないのに受かっちゃったら?



オーディション合格はただのスタートに過ぎません。

第一歩に過ぎない。

だから、ずるして受かったとしても、無理してひとつ上のランクの学校に受かったようなもの。


授業に全然ついて行けない。

全く実力が足りないなんてことになる。


だから、重要なのは

あなたが本質を学び、実力を付けることです。


私のメルマガでは、そのもっとも重要な本質。

それを話してるんですね。

そして、その本質はモデルだろうが声優だろうが役者だろうが一緒。

「人に魅られる仕事、人と関わる仕事」という点ではどれも同じですから。


仮にあなたが目指すものが声優だったとしてもオーディションは声だけじゃないですよね?

重要な点は。


また、今の時代、何でデビューしても女優の仕事が来たり、逆にモデルの仕事があったりと、複数の仕事をこなす時代なんですから。

だからこそ重要なのは本質です。


ということで、さて。

相変わらず前置きが超長くなりましたが(笑)

今日はいよいよ対面の審査

「二次審査で審査員が落とすポイントについて」お話したいと思います。


Line

二次審査を突破するには?


一次審査の書類を突破した後、行われる対面での二次審査。
10人同時の場合もあれば、3人という少人数もある。


いずれにしても、審査員と対面して自己PR、歌、ダンスなどなどを行う。


まぁ言ってみれば集団面接という感じでしょうか。

それが二次審査です。


書類ではある程度誤魔化しも通用しますが(笑)

対面の二次審査は中々誤魔化せない。

そんなあなたの実力がモロに出る審査です。

ここの印象がそのまま合否につながりますから、どれだけ大切なのか。

改めていうまでもないでしょう。


Line

二次審査で審査員は何を見たい?


このメルマガの一番最初の内容を覚えています?

忘れたり、読んでないならぜひともバックナンバーで最初の号を確認してきて欲しいんですけど、

審査員がみているのは何か?

なんて話に簡単に触れています。

その時に話したのは


人間力でしたね。

あなたの人間的魅力。

オーラ。

そういうものですね。


それが

「良いね」
「輝きがあるね」


なんて言葉で表現されるわけですね。


で、この人間力。

確かに審査員はこの人間力を重視しますが、

「じゃぁそれをどうやって磨いたらいいの?」

なんて話になるわけです。

まぁその磨き方も過去にいろいろ話をしてきたわけですが、結局、どんなことをやったとしても今日の明日に

ハイ、オーラバリバリーなんて話にはならないわけですよ(笑)

普通は。

だから今日はそれを磨き続けていることが前提で、効果のある話。


審査員が具体的にどこを見て落としているのか?


についてお話します。

ちなみに今からお話しすることはネット上を含めて殆ど見ることはないことだと思います。

だから、興味があれば今読んでくださいね。

バックナンバーはいずれ見れなくなりますからね。


Line

二次審査で審査員が見ている箇所。


実はオーディションでは実は見るべき箇所が大体決まっています。

タレントだろうが。
声優だろうが。
歌手だろうがモデルだろうが。


ほぼ同じ。


殆どの人がこれを知らないばっかりにアピールするポイントがずれ、その結果として、本当は実力。

物はあるのに落ちてしまう。

そういうケースが存在するわけですが、そんな対面での二次オーディションで。

絶対に外せないポイント。


その1つ目は

姿勢です。

姿勢。


「背筋が曲がってるとか?悪いとかそんなこと?」

なんて思ったかもしれませんが、

んー、半分正しくて半分間違い。


「なんなんだよ」って感じだと思いますが(笑)

もっと詳しく言えば、それは

上半身を弛め下半身に重心を持ってくることです。

つまり、そういう体の使い方が大切なんですね。


って、言っても、

これで意味がわかるならわざわざこんなメルマガを読んでないでしょうから(笑)

詳しくお話しますね。


Line

上半身を弛めるって?


オーディションでは姿勢が見られている。

ということですけど、

例えば上半身。


そうですね。

今、肩を上げれるだけ上に上げてもらえますか?

そうするとクビが肩に埋まったような形になると思うんですね。

で、極端な話をすれば、オーディション会場で緊張している人なんかは大体、そういう状態になっています。


無意識のうちにです。

肩が上がっている。

上半身が硬くなっている。

そんな状態です。


審査員はそこを見て、

「あっこの子緊張してるな」

とか判断します。


で、それは結構マイナスポイントで、

まずモデルでもタレントでも大勢の前で何かをする職業ですよね?

だから適度な緊張はいいとしても、身体に現れるような緊張はやっぱり厳しいんですね。

仮に声が職業でも最近は人前でする仕事も多いわけですから、歌手や声優も同様です。


テレビに出ているタレントで上半身がガッチガチの人。

みたことありますか?

ないでしょ?

特にモデルなんかは非常に綺麗です。

小雪さんとか。
黒木瞳さんとか。


で、

このラインはとても重要なラインなんですけど、


上半身が硬いとこういうラインが出なくなってしまいます。


肩のすらっとしたライン。

人に見られるときに大切な胸のライン。

これが出ないんですね。

不自然なんです。

だから上半身を弛めること。

リラックスさせることはかなり重要です。


Line

下半身に重心を置く


上半身をリラックスさせる重要な理由。

それは肩のラインと胸のライン。

この2つを綺麗に魅せるため。

そうお話しましたが、弛めるっていったってそう簡単じゃないんですね。

実は。


というのも、人間って背骨で全部つながってますよね?

そして、その間にあるのが骨盤です。

全部つながっているから上半身だけ無理やりリラックスさせても、やっぱり不自然に見えてしまう。

意識しておかなければ一時的なものになってしまい、無意識のうちにもとに戻ってしまいます。

養成所ではその状態を強制するために歩き方から、姿勢までしっかり教えるわけですけど、私の知る限り。


重要なのは上半身よりも下半身なんですね。


これが上半身を弛ませる。

リラックスさせる方法です。


やり方としては、まず重心を踵に持ってきます。

そうすると下半身が安定します。

その状態は人に押されてもちょっとやそっとでは倒れないんですけど、それぐらい重心を落とした状態。

これをキープすること。

無意識でできるようになること。

これが上半身を弛ませるための第一歩です。


一軒家を思い浮かべてください。

家です。

例えば一軒家って土台がありますよね?

基礎って言いますけど、例外なくその土台の上に、木やコンクリートで家を建てていくわけですね。

でも、その時に土台がぐらぐらだったらどうなると思います?

当然上も安定しないで地震が来たらすぐに崩れたりするわけですよ。


人間もこれと一緒で下半身をしっかりと安定させないと、上半身は絶対に安定しません。

そして上半身が安定しないと、弛ませることはできない。

弛ませられないと肩があがって見えたり緊張したように見える。

だから、肩と胸のラインが汚い。

そんなことになります。

そのためにまず下半身を安定させるんですね。


例えばスポーツの世界では一般的には前足。

具体的には足の親指の少し後ろのあたり。

拇指球に重心を乗せるのが一般的なんですね。

テニス、ソフトボール、陸上、自転車、バスケ。

まぁ多くのスポーツでそういわれます。


ただ、一流の人。

例えばイチローなんかは重心が踵にあります。

だから下半身が安定してるんですね。

昔の偉人で言えば宮元武蔵なんかがそうですね。

あの剣豪です。


まとめましょう。

つまり、


下半身の重心を踵に置き安定するから、上半身も安定し弛められる


ということです。

そして

上半身が安定し弛められるからこそ、肩の綺麗なライン、そして胸の綺麗なラインが生まれてくる

ということなんですね。


審査員は姿勢と重心、このあたりは確実に見ています。

「この子は肩が上がってるな」
「この子はしっかり地に足が着いて落ちついてるな」

そんな軽い感じで見る人もいれば

「重心が落ちて肩のラインが綺麗だからモデルには良いな」

なんてもっと具体的に見ている人もいます。


それはその審査員。

またオーディションの趣旨によっても変わりますけど、


まともなオーディションでは見てない人はいないんじゃないの?


ぐらいのことが姿勢です。

必ず意識しておいてくださいね。


Line

まとめ


さて。

今日はオーディションの二次審査で審査員が見ているポイント、できてないと落とすポイント。

なんて話をしてきたわけですけど、だいぶ長くなったので(笑)

残りのポイントは次回に廻しましょうか。

ポイントは後、3つあります。


せっかくなんで宿題にしましょう。

私ばっかり話しててもきっと右から左だと思うので(笑)

バレバレですよ(笑)


ということで、

「後3つの二次審査でのポイントはなんでしょう?」

この宿題に考えてメールください。

届いているメールに返信していただいて、メールを送ってもらえればと思います。

名前、年齢は必ず明記して下さいね。

あんまり少ないと興味ないとみなして次回は違う話題になるかも(笑)


で、ちなみにこういうときに積極的に行動する姿勢。

これって自分を売り込む姿勢と一緒です。

まさか実際にデビューして

恥ずかしいから・・・
面倒だから・・・

なんて思いじゃやっていけないことぐらいわかるでしょう?


だから、是非あなたなり考えて答えを送ってくださいね。

あってるとか間違ってるとか関係ないですから。

ん、なことよりオーディションに落ちる方が嫌でしょ?(笑)


あなたからのメール楽しみにしていますね。

それでは今日はこんな感じで。

ありがとうございました。

恩田

--------------------------
発行者:恩田隆俊
著作権について:著作権は作者に帰属します。
このメルマガを無断でどこかに掲載したりすることを禁じます。
--------------------------
もしお友達で業界に興味がある人がいれば、当メルマガを紹介してあげてください。きっとプラスになると思います。このページを友達にメールで紹介する


追伸

まー、そうは言ってもやっぱり行動してメールくれるのは

1割いないんだろなー(笑)

だからかわいくても。

力があっても実際デビューして残っていく人が少ないわけですけどね。


最後は

えいやっ!とやるか、
後でいっか。

となるかのどっちかですよ。

結局。

どっちが成功するかはわかるでしょう?

勿論、どっちになるかはあなた次第ですけど。

 

以下は過去配信したメルマガです。見る時期によっては若干古い内容もあると思いますが、参考になる部分はあると思うので公開しておきます。


恩田隆俊のメルマガ無料登録はこちらから

※ 登録の前に「メール拒否設定」をしている方はこちらをコピーして受信設定をお願いします。
コピー用

空メール登録はこちら(スマホ、携帯、パソコンで見れます)


メルマガの登録は以下からどうぞ。勿論、無料です。 途中から有料になることはございません。
↓ ↓ 空メールを送ってください ↓ ↓



↑ ↑ 空メールを送ってください ↑ ↑

※10分以内に自動返信メールが届きます。
※空メール登録ができない方は以下のフォームより登録なさってください。

QRコードを利用した空メール登録はこちら

↓ ↓ 読み取り後、空メールを送ってください ↓ ↓



↑ ↑ 読み取り後、空メールを送ってください ↑ ↑

※10分以内に自動返信メールが届きます。
※iPhoneなどでうまく空メールが送れない場合は、本文にスペースなど文字を入れて送信ください。
※空メール登録ができない方は以下のフォームより登録なさってください。

空メールが利用できない方はこちらから


上記、空メール登録ができない方は以下のフォームにメールアドレスを入力して頂いて「無料登録する」のボタンを押してください。
メールアドレス:

※10分以内に自動返信メールが届かない場合は、入力アドレスに間違いがあった可能性が高いので、再度入力ください。

よくある質問

Q、メルマガは本当に無料なんですか?

A、無料です。途中から有料ですなんてことも一切言いません。
Q、登録したのに届かないんですけど

A、まずは迷惑フォルダをご確認ください。それでも届かない場合はこちらに記しました通りメール拒否設定をされているか、登録されたアドレスに誤りがあるかのどちらかです。その場合は再度ご登録ください。登録はこちらから
Q、アドレスを変更したい、読むのをやめたい

A、メルマガの最下部にある解除フォーム、変更フォームよりご自由に可能です。

--------------------------
発行者:恩田隆俊
著作権について:著作権は作者に帰属します。
このメルマガを無断でどこかに掲載したりすることを禁じます。
--------------------------
もしお友達で業界に興味がある人がいれば、当メルマガを紹介してあげてください。きっとプラスになると思います。このページを友達にメールで紹介する

Line